アスリート・芸能




1:2016/12/01(木) 18:58:14.41 ID:
 日米初の“トリプルテン”へ―。日本ハム・大谷翔平投手(22)が30日、千葉・鎌ケ谷市内の2軍施設で自主トレ。
今季は自己最多の7盗塁を決め、走塁面での成長に手応えを見せた。29日には米大リーグのレンジャーズ・ダルビッシュとの今オフ初の合同自主トレを行った。
来季は「10勝&10本塁打&10盗塁以上」と前代未聞の記録がかかった シーズンとなりそうだ。

 肌寒い空気を切り裂くように走り込んだ。大谷は鎌ケ谷スタジアムのポール間を16本。肩で息をしながら、1本、1本を丁寧に駆け抜けた。
「12月いっぱいは(走る)量をしっかり」。オフ期間に徹底して走り込むつもりだ。

 今季は投手で10勝4敗、打撃では22本塁打。史上初となる投手と指名打者でのベストナインのダブル受賞、リーグMVPと躍動した。
まさに投打で圧倒したが、大谷が進化を感じているのが走塁だ。

 「ベースランニングの技術が結構良くなってきた。(脚力も)年々、自分では速くなっているのかな(と思う)。球速以上に速くなっていると分かりますし、自覚もある」

 今季、163キロだった最速を165キロに押し上げた球速以上に脚力の進化を感じ取っていた。
それを証明するように、1年目の13年から4、1、1と刻んできた盗塁数は今季に「7」を記録。だが、現状に満足しないのが大谷らしさだ。

 「スパッと行くことに関してはスキルもない。(スタートダッシュも)うまくはないですね」

 盗塁時のスタートに課題があると説明。今後、走者・大谷として高みを目指すには必要不可欠な要素だが、来季の2ケタ盗塁は十分射程圏内にある。
10勝、10発、10盗塁到達は、日米でも達成者はいないが、数々の歴史を塗り替えた二刀流なら可能性十分だ。

 走力の成長について、自身は「何が要因なのかは分かっていないけど、基本的な部分じゃないですか。
上半身で(体全体を前に)引っ張る力も必要なので」と、より効率的に力が加わる走り方や筋力の向上を要因に掲げた。
昨オフには、レンジャーズ・ダルビッシュと合同筋トレを行い、体重は一時100キロまで増加。
食事、トレーニングなどを学び、今季は投打だけでなく、走塁面での進化にもつながった。

 29日に今オフ初のダルビッシュとの合同自主トレを実施。「そこは僕だけ知っていればいいです」と具体的な内容を明かさなかったが、
笑みを浮かべる表情から充実ぶりを漂わせる。メジャーで先を歩む先輩との猛トレで進化を遂げ、投打に走塁を加えた“三刀流”として挑む。(原島 海)
【大谷翔平 「筋トレしたらめっちゃ足が速くなってワラタw」】の続きを読む

1:2016/11/26(土) 14:02:35.49 ID:
序二段は朝山端が全勝V ボディービルダーから転身
http://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/1743026_m.html?mode=all
<大相撲九州場所>◇13日目◇25日◇福岡国際センター
 6戦全勝同士の対戦となった序二段は、朝山端(24=高砂)が梅野(23=境川)を一方的な相撲で押し出し、全勝優勝を決めた。

力士プロフィール
http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile?id=3641
朝山端 克忠
(あさやまばな かつただ)
所属部屋 高砂
本名 山端 克忠
しこ名履歴 朝山端
番付 序二段四十二枚目
生年月日 平成4年9月29日
出身地 兵庫県加西市
身長 182.0cm
体重 138.0kg

新弟子検査にボディービル出身力士
http://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/1440885_m.html?mode=all
大阪のKING GYMに所属し、昨年9月のJPC(日本フィジーク委員会)ノービス級では5位入賞。
床に置いたバーベルを腰付近まで持ち上げるデッドリフトは300キロ超の記録を持つ。
日本でも数人という怪力が最大の持ち味だ。
【ボディービルダーから転身した力士 序二段全勝優勝 「使えない筋肉」じゃなかった!】の続きを読む

1:2016/10/19(水) 10:40:11.15 ID:
 日本代表候補GKトレーニング合宿2日目 (10月18日)

日本代表候補のGKトレーニング合宿は18日、大阪府内で2日目の練習を行った。
バヒド・ハリルホジッチ監督(64)はGK選考の新基準に、スクワットで体重の1・5倍以上の重量を挙げるノルマを設定。
フィールドを含めた全選手に課される体脂肪率12%以下の指令に続き、厳しい数字を掲げて守護神を育成する。

合宿初日の17日には「身長1メートル90以上ないと良いGKとは言えない」と改善不可能な要求をしたが、今回は努力次第で達成できる。
体重89キロの林は133・5キロを挙げる必要があり「簡単な目標ではないが、以前から下半身の強化は課題にしていた」とやる気。
指揮官は筋力を最大限に生かすために神経系を伸ばす必要性も訴えた。

前夜には各選手の失点場面の映像を題材に、ディスカッション形式のミーティングを実施。
GKだけの話し合いは珍しく西川は「新鮮だった。
堅苦しくない話し合いができた」と充実の表情を浮かべた。
ルグシッチGKコーチは「1対1では足ではなく手と体から飛び込め」「ボールをキャッチしたら素早くペナルティーエリアの最前線まで行け」「叫べ」の“GK3カ条”も提示。
さまざまなアプローチでGK陣の意識改革を進めていく。

【サッカー日本代表「ハリルがバーベルスクワットを体重の1.5倍やれって言っててヤバい」 ←簡単すぎだろこれ】の続きを読む

1:2016/11/16(水) 09:10:37.89 ID:
広島の秋季キャンプが15日、宮崎県日南市の天福球場ほかで行われた。
松山外野手(31)は今オフ、
肉体改良をテーマにすることを明かした。
現在の体重95キロを維持しながら、体脂肪率を3%減らして筋力の増加を図る。
今シーズンから本格的に取り組みを始めた筋力トレを継続し、外野のレギュラー獲得競争が始まる春季キャンプに備える。

 自らの殻を破るきっかけとなった筋力トレ。松山は効果を実感したからこそ継続を決めた。
「今年は大きなけがをしなかった。やってよかったと思う」。
さらなる高みを目指す。来年の春季キャンプまでの約2カ月半。
体脂肪率を3%減らして26%にする肉体改良に着手する。
 
【広島松山、肉体改造で体脂肪率26%へwwwwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ