エネルギー補給




1:2014/03/29(土)21:22:46 ID:
★【話題】いま「魚肉ソーセージ」が静かなブーム? 「健康食品、スポーツ時のエネルギー補給、非常食にも」
 
ヘルシー、リーズナブルでデリシャスな日本の味といえば、
納豆が代表的だが、最近は、「魚肉ソーセージ」も当てはまるようだ。

魚肉ソーセージは1950年に商品化。それから約半世紀、日本人の
ライフスタイルに合わせて役割を変化させてきた。当初は、
鳥獣類の肉を用いたソーセージに代わる安価な商品として、
学校給食でも定番のメニューとなった。人気に陰りが出たのは1970年代。
原因は、食生活が豊かになるにつれ代用品の必要性が薄れてきたことに加えて、
含まれる添加物の多さに疑問符がついたことにある。

 その後の企業努力の末に、魚肉ソーセージはカルシウムやDHAが豊富で、
低カロリーの健康食品として生まれ変わった。こうなると、ヘルシー志向の
現代人にとっては無視できない商品となる。また、スティック状の形は持ち運びに便利で、
合間のエネルギー補給に最適とスポーツシーンで愛用する人も増えた。さらに、
魚肉ソーセージは常温でも比較的日持ちがよい。そのため防災意識の高まるなかで
非常食として注目されるようにもなった。

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/8681617/
【「魚肉ソーセージ」が静かなブーム? 「健康、エネルギー補給、非常食に」】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ