リスク




1:2017/11/25(土) 02:51:37.04 ID:
<豪シドニー大学の研究プロジェクトは、「筋力トレーニングをしている人は、そうでない人に比べて、
全死因における死亡リスクが23%低く、なかでも、がんによる死亡リスクは31%低かった」との研究結果を発表した>

健康のためのエクササイズといえば、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が注目されがちだが、
同様に、腕立て伏せやスクワットなどの筋力トレーニングも健康維持にとって重要だ。

世界保健機関(WHO)では、18歳から64歳までの成人を対象とする運動ガイドラインとして、
1週間あたり150分以上の有酸素運動とともに、週二回以上、筋力トレーニングを行うことを推奨している。

〈がんによる死亡リスクは31%低かった〉

では、筋力トレーニングは、私たちの寿命にどのような影響をもたらしているのだろうか。
豪シドニー大学の研究プロジェクトは、2017年11月1日、疫病専門誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・エピデミオロジー」において、
「筋力トレーニングをしている人は、そうでない人に比べて、全死因における死亡リスクが23%低く、
なかでも、がんによる死亡リスクは31%低かった」との研究結果を発表した。

この研究プロジェクトでは、
イングランド健康調査(HSE)およびスコットランド健康調査(SHS)の1994年から2008年までのデータを用い、
30歳以上の成人80,306名を対象に、筋力トレーニングと全死因における死亡、がんによる死亡との関連性について分析。

その結果、週二回以上、筋力トレーニングを行っている人は、全死因における死亡リスクが23%低く、
がんによる死亡リスクも31%低いことが明らかになった。また、この分析によれば、専用マシンを使わない筋力トレーニングも、
ジムなどで行われる筋力トレーニングと同等の効果があると認められたという。

〈ペンシルバニア州立大学の研究結果でも〉

筋力トレーニングと死亡リスクとの因果関係については完全に解明されていないものの、
この研究結果は、筋力トレーニングを習慣づけることが長期的な健康維持に望ましいことを示している点で、
一定の評価に値するだろう。

同様の見解は、「65歳以上の高齢者のうち、筋力トレーニングを行っている人は、そうでない人よりも、
全死因における死亡リスクが31.6%低い」とした米ペンシルバニア州立大学の研究結果でも示されている。

筋力トレーニングが、有酸素運動と同様、健康維持に重要な役割を果たすのにもかかわらず、
現代人は、とかく運動不足になりがちなのが現状だ。
オーストラリアで2011年から2012年に実施された「全国栄養運動調査(NNPAS)」によると、
週二回以上筋力トレーニングを行っている人は、全体のわずか18.6%にすぎない。

続きはソースで

ニューズウィーク日本版
pixta_24681375_M1






















http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8968.php
【筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げるとの研究結果】の続きを読む

1:2017/11/07(火) 10:30:32.51 ID:

医者がプロテインをオススメしない怖い理由

美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテイン。手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、多くの危険性があることも事実だ。飲む前にきちんと知っておきたい、その危険性とは?
 20万人以上の臨床経験と、生化学×最新医療データ×統計データから、医学的エビデンスに基づいた本当に正しい食事法をまとめた牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。


人工的なタンパク質は腎臓を疲弊させる
――手軽な大量摂取の知られざる危険性

 重要なことを「肝腎(かんじん)」と言います。これは、肝臓と腎臓から来ています。

 私たちが生きていくために必要不可欠な臓器としては、心臓や肺、脳などがすぐに思い浮かぶでしょう。

 しかし、栄養素の合成や老廃物の排出などを行う肝臓や腎臓がやられてしまったら、私たちは命をつなぐことができません。

 詳しくは新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』で書いていますが、肉など自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質」は、大事な腎臓を悪くする可能性があります。どういうことか簡単に説明しましょう。

 タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。

 もし、腎臓の濾過機能がすっかり駄目になれば体中に毒素が回る尿毒症となって死に至ります。それを避けるために、機械に血液を通して毒素を濾過しているのが人工透析です。

 人工透析を必要としている患者さんは「身体障害者1級」の手帳を持ち、医療費が無料になります。腎臓が機能しないということは、それほど重篤な状態だということです。

 このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。

 また、タンパク質の大量摂取は骨に悪い影響を与えるという論文もあります。こうした人工物で健康体をつくろうというのは大きな間違いなのです。

http://diamond.jp/articles/-/145387
pixta_14767842_S1










 
【プロテインは体に有害だと判明!?】の続きを読む

1:2015/06/19(金) 17:30:17.80 ID:
筋トレのしすぎで血管年齢66歳、血液ドロドロ
頚動脈腫瘍持ちで脳梗塞リスク大を抱える品川庄司さん



「強い筋トレをやると息を止めます その時 血圧がすごく上がる
実験によると300位になっている 血管年齢66歳は筋トレのやり過ぎ」
【筋トレのしすぎで血管年齢66歳の筋肉芸人さんwwwwwww】の続きを読む

1:2015/05/20(水) 11:40:32.34 ID:
19日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で、ニュースキャスターの草野仁が日課とする筋トレに、整形外科医が警告する一幕があった。

番組では、71歳となる草野が行っているという筋トレの内容を紹介した。
草野は自宅にエアロバイクなどの器具をそろえ、ダンベルの上下と左右の持ち上げ運動を各300回、
腕立てと腹筋を各100回などといったハードなメニューをほぼ毎日欠かさないそうだ。

そんな草野に、整形外科医の神戸克明氏は、「今すぐ筋トレを控えてください」「このメニューでは体が確実に壊れます」と警鐘を鳴らす。
筋トレをやり過ぎると、力こぶが突然ちぎれてしまうことがあるそうだ。
70歳台で同現象を引き起こす人の8割は筋トレが原因だといい、他にも腰や首のヘルニア、膝の半月板の負傷にもつながるという。

さらに神戸氏は、筋トレが生命の危険をもたらす可能性があることも指摘した。
筋トレ中は血液や酸素が筋肉に集まり、心臓や脳へと十分にいきわたらなくなるため、不整脈や心筋梗塞を発生させることがあるというのだ。
神戸氏は、「筋トレの最中に突然死っていうのもあるんですね」と冷静に告げている。

真顔で黙りこんでしまった草野に、神戸氏はとある衝撃的な画像を示した。
それは、草野がこのまま300歳まで身体を壊さず、筋トレを続けていたらどうなるかというイメージ画像であり、その姿はまるで筋肉の怪物のようだ。

これを見た草野ら出演者は爆笑し、劇団ひとりも「どうして急にフザけたんですか?」とツッコミを入れていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/10132265/
2015年5月20日 10時35分
【71歳の草野仁が行うハードな筋トレに医者が警告「突然死もある」】の続きを読む


筋トレで糖尿病リスクが減少、有酸素運動との併用ならさらに効果。



米ハーバード大学公衆衛生学部のAnders Grontved氏らは、米国人男性3万2,002人を対象に検討した結果、

筋トレのみでも2型糖尿病になるリスクが減少すると、8月6日付の米医学誌「Archives of Internal Medicine」

(電子版)に報告した。週150分以上の筋トレをしていた場合、糖尿病発症リスクは34%減少、有酸素運動を

組み合わせた場合はさらに効果が顕著で、59%減少したという。



糖尿病の治療に運動は有効で、特に基礎代謝を上げる筋トレを行った後、エネルギーを燃焼する有酸素運動を

行うとより効果的という研究結果が報告されている。



Grontved氏らは、男性医療従事者(40~75歳)およそ5万人を対象とした追跡研究のデータから、1986年の登録時

から1990年までに糖尿病、がん、心筋梗塞、脳卒中などにかかったことがない3万2,002人を解析対象とした。



18年にわたって追跡したところ、2,278人が糖尿病を発症。また、筋トレを行う時間は、研究開始時で0分が2万

6,439人、1~59分が2,068人、60~149分が2,078人、150分以上が1,417人だったが、追跡期間の1990~2008年

では、順に1,630人、507人、109人、32人だった。



筋トレを全くしない人に対する糖尿病発症リスクは、年齢、喫煙状況、アルコール摂取、糖尿病の家族歴、

食事摂取などを加味した結果、筋トレ週1~59分のグループで12%減、同60~149分で25%減、同150分

以上では34%減と、運動時間の増えるほど減っていった。また、筋トレする時間が1週間当たり60分

増えるごとに、糖尿病発症リスクは13%減少することが分かったという。



有酸素運動でも同様の検討を行ったところ、運動時間が週1~59分のグループで7%減、同60~149分で

31%減、同150分以上では52%減と、筋トレ以上の効果が認められた。なお、有酸素運動はウオーキング、

ランニング、ジョギング、サイクリング、水泳、テニス、スカッシュ、体操などと定義されている。





http://www.narinari.com/Nd/20120818670.html

【筋トレで糖尿病リスクが減少、有酸素運動との併用ならさらに効果】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ