1:2015/03/18(水) 05:04:18.05 ID:
有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)はどちらを先にやるのがより効率良くダイエットできるかを
議論するスレです。

無酸素運動(筋トレ)を先にやったほうがいいという意見が最近は大半を占めていますが
理由として筋肉を鍛えるのに先にやったほうがいいということのようですが、
筋肉を鍛えるわけではなく、女性の場合は痩せたい、細くなりたいというのがあるので
筋肉は別に鍛えなくてもいいという考えの人が多いと思います。

有酸素運動を先にやったほうがその後にやる筋トレで脂肪が燃えやすくなるという意見もありました。
私は実際にやってみて、有酸素運動を先にやったほうが効果が高いような気がしました。

もともと、太ってる人は運動が嫌いでできれば効率良く痩せる方法でやりたいというのがあると思います。
(長々と運動するのは嫌い。てっとり早く痩せたい)

結果的により早く細くなるためにはどの順番でやるほうが正しいのでしょうか?
【有酸素運動と筋トレ 順番は?】の続きを読む

1:2017/11/13(月) 08:12:45.58 ID:
1、人生最大の『モテ期』を迎える可能性大。
2、全てにおいて『やる気』が出る。
3、ほとんどの悩みがなくなる。
4、『ビジネス』の評価も上がる。
5、アンチエイジング・若返り効果。
6、世界で通用(モテる)する『カラダ』が手に入る。
7、『不安・恐怖』がほとんどなくなる。
8、男としての『自信』が身につく。
9、HP(体力)が上がる。
10、人生が『楽しいゲーム』に思える
【筋トレのメリットが凄すぎる!!これでやらない奴はバカだろ…】の続きを読む

1:2017/11/07(火) 10:30:32.51 ID:

医者がプロテインをオススメしない怖い理由

美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテイン。手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、多くの危険性があることも事実だ。飲む前にきちんと知っておきたい、その危険性とは?
 20万人以上の臨床経験と、生化学×最新医療データ×統計データから、医学的エビデンスに基づいた本当に正しい食事法をまとめた牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。


人工的なタンパク質は腎臓を疲弊させる
――手軽な大量摂取の知られざる危険性

 重要なことを「肝腎(かんじん)」と言います。これは、肝臓と腎臓から来ています。

 私たちが生きていくために必要不可欠な臓器としては、心臓や肺、脳などがすぐに思い浮かぶでしょう。

 しかし、栄養素の合成や老廃物の排出などを行う肝臓や腎臓がやられてしまったら、私たちは命をつなぐことができません。

 詳しくは新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』で書いていますが、肉など自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質」は、大事な腎臓を悪くする可能性があります。どういうことか簡単に説明しましょう。

 タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。

 もし、腎臓の濾過機能がすっかり駄目になれば体中に毒素が回る尿毒症となって死に至ります。それを避けるために、機械に血液を通して毒素を濾過しているのが人工透析です。

 人工透析を必要としている患者さんは「身体障害者1級」の手帳を持ち、医療費が無料になります。腎臓が機能しないということは、それほど重篤な状態だということです。

 このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。

 また、タンパク質の大量摂取は骨に悪い影響を与えるという論文もあります。こうした人工物で健康体をつくろうというのは大きな間違いなのです。

http://diamond.jp/articles/-/145387
pixta_14767842_S1










 
【プロテインは体に有害だと判明!?】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ