摂取




1:2016/08/30(火) 11:50:20.01 ID:
 
炭水化物は筋グリコーゲンもしくは肝グリコーゲンとして蓄えられる。
筋グリコーゲンはでんぷん質食品の産生物で、肝グリコーゲンはフルクトース(果実由来の糖)の産生物である。
そして、炭水化物は重要なエネルギー源であり、脳や筋肉の機能に必要なので、
エネルギー消費量に応じて特定の時間に摂取すべきだという。

例えば「筋トレ後のバナナ」など、トレーニング後の果物は筋グリコーゲンを補給するために
良いと思っている人もいるかもしれないが、これは誤解。
実際には果物は肝グリコーゲンしか補給せず、筋グリコーゲンは補給されないのだ。

前述のようにグリコーゲンは筋肉のエネルギー源。トレーニング中に消費されてしまうのであれば、
米やじゃがいものようなでんぷん質の多い炭水化物をトレーニング後には摂取する必要があるとのこと。

「私たちは、得られるエネルギーが最大限になるように果物を摂取することを望んでいます。
そしてもっと重要なことは、フルクトースがエネルギーとして消費され、
間違っても脂肪として体に蓄えられないようにすることです」とメリー氏は話す。
【筋トレ後の果物の摂取は間違いらしいぞwwwwwwwwwww】の続きを読む

1:2016/02/21(日) 13:21:09.932 ID:

卵一個が6gだぞ?
筋トレより筋肉つけるための食事の方がつらいレベル
【ハードな筋トレってタンパク質120g摂らなきゃいけないみたいだけど、無理じゃね?】の続きを読む

1:2014/06/04(水) 23:25:21.92 ID:
とりあえず350g茹でてごまだれで食ってるけど1/3で飽きてきた
【筋肉にはササミが良いと言うから買ってきたぞwwwwwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ