有酸素運動





筋トレで糖尿病リスクが減少、有酸素運動との併用ならさらに効果。



米ハーバード大学公衆衛生学部のAnders Grontved氏らは、米国人男性3万2,002人を対象に検討した結果、

筋トレのみでも2型糖尿病になるリスクが減少すると、8月6日付の米医学誌「Archives of Internal Medicine」

(電子版)に報告した。週150分以上の筋トレをしていた場合、糖尿病発症リスクは34%減少、有酸素運動を

組み合わせた場合はさらに効果が顕著で、59%減少したという。



糖尿病の治療に運動は有効で、特に基礎代謝を上げる筋トレを行った後、エネルギーを燃焼する有酸素運動を

行うとより効果的という研究結果が報告されている。



Grontved氏らは、男性医療従事者(40~75歳)およそ5万人を対象とした追跡研究のデータから、1986年の登録時

から1990年までに糖尿病、がん、心筋梗塞、脳卒中などにかかったことがない3万2,002人を解析対象とした。



18年にわたって追跡したところ、2,278人が糖尿病を発症。また、筋トレを行う時間は、研究開始時で0分が2万

6,439人、1~59分が2,068人、60~149分が2,078人、150分以上が1,417人だったが、追跡期間の1990~2008年

では、順に1,630人、507人、109人、32人だった。



筋トレを全くしない人に対する糖尿病発症リスクは、年齢、喫煙状況、アルコール摂取、糖尿病の家族歴、

食事摂取などを加味した結果、筋トレ週1~59分のグループで12%減、同60~149分で25%減、同150分

以上では34%減と、運動時間の増えるほど減っていった。また、筋トレする時間が1週間当たり60分

増えるごとに、糖尿病発症リスクは13%減少することが分かったという。



有酸素運動でも同様の検討を行ったところ、運動時間が週1~59分のグループで7%減、同60~149分で

31%減、同150分以上では52%減と、筋トレ以上の効果が認められた。なお、有酸素運動はウオーキング、

ランニング、ジョギング、サイクリング、水泳、テニス、スカッシュ、体操などと定義されている。





http://www.narinari.com/Nd/20120818670.html

【筋トレで糖尿病リスクが減少、有酸素運動との併用ならさらに効果】の続きを読む

1:2014/02/16(日) 15:22:31.75 ID:
ジョギングをメインにダイエットをするつもりなんだけど
有酸素運動の前に筋トレをしないと効果が出にくいらしい

だから筋トレ嫌いな俺に、走る時の脂肪燃焼のために最低限必要な筋トレを教えてください
【脂肪燃焼のための筋トレ講座】の続きを読む

1:2014/02/05(水) 13:02:31.26 ID:
食事制限して1ヶ月経つけど体重は落ちるのに体脂肪率が25%~27%をウロウロしてて落ちないンゴ
運動も筋トレ2種類(上半身・下半身・全身のローテ)+腹筋12回*3セット+燃焼フラフープ(20分)
をやってるのになんでやぁ…
【【悲報】体重はどんどん減るのに体脂肪率が落ちない】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ