肉体改造




1:2018/08/04(土) 18:08:28.19 ID:
明徳義塾も打ち崩した高知商、強力打線を生んだ肉体改造

12年ぶりの甲子園に挑む高知商の最大の武器は強力打線だ。第100回全国高校野球選手権記念高知大会の
決勝では、猛打で明徳義塾の9連覇を阻んだ。打ち勝つ野球は強くて柔らかい「肉体」が支えていた。

「こんなに打たれたのは初めて」。高知大会決勝後、明徳義塾の絶対的エース市川悠太君(3年)はぼうぜんとした
表情で県立春野球場を去った。150キロ近い直球を誇り、昨秋の明治神宮大会で優勝。今春の選抜にも登場し、
プロ野球のスカウトも注目する。

この全国屈指の右腕を高知商は打ち崩した。市川君は準決勝まで自責点1だったが、決勝は高知商打線に
被安打14で10点を失った。

高知大会の4試合で計30得点。チーム打率は3割9分1厘。12年ぶりの夏の甲子園出場にも梶原大輔部長は平静だ。
「予定通りや」

■「走り込み」やめて筋トレ

打撃重視の路線は2015~17年にかけて上田修身監督と梶原部長が就任してからだ。梶原部長は野球を統計学的に
分析する「セイバーメトリクス」に関心があった。打撃、走塁、守備、投手の要素で考え、「打撃が勝利に与える影響が
最も大きいようだ」と自分なりに結論づけた。

昨秋の県予選での敗退を機に肉体改造に本腰を入れた。「体が変われば、動きが変わる」。シンプルで合理的な
判断だった。

野球の伝統的な練習「走り込み」をやめ、ベンチプレスやスクワットといった筋肉トレーニングに替えた。体重管理も
徹底し1日2回は必ず測定。1日7食とプロテインの摂取で、ひと冬で平均約8キロ増量した。高知大会準決勝で
ランニング本塁打を放った山崎大智君(2年)は、スクワットで用いる重量が50キロ増えて120キロにまでなった。

■練習後にストレッチ40分

柔軟性にもこだわった。練習後に40分ほどかけて肩甲骨や股関節などストレッチを入念にする。打撃や投球は
重心移動が伴い、可動域の確保は大事だ。走る際にブレーキの役割を果たす大腿(だいたい)四頭筋をゆるめ、
走塁にキレが増した。

決勝で3安打2打点の前田貴友君(3年)は「市川君の直球に力負けしなかったし、股関節の柔軟性で低めの変化球に
対応できた」と自信を深める。

■「夏に全ての照準合わせた」

梶原部長は「夏に全ての照準を合わせた」と語る。

昨秋からのトレーニング計画では、11~4月の半年間は筋肉を大きくする「筋肥大」の時期。パワーをつけるため単純に
筋肉を成長させる。5月以降はバーベルなどの重量を軽くして素早く反復させることで「使える筋肉」に変換した。

この計画にはリスクがあった。筋肥大の期間は体が大きくなるが、俊敏に動きにくい。本来なら春の県予選から始まる
野球シーズンには「使える筋肉」で臨む必要があった。

だがあえて初夏まで「筋肥大」のトレーニングだけを続け、ぎりぎりまで筋肉を増大させた。それでも選抜出場した
明徳義塾と高知の強豪校が春の県予選に不参加だったため、万全の状態でなくても県予選を勝ち抜き、優勝できた。
そして迎えた夏の高知大会。春よりも格段に動ける体に仕上がった。

https://www.asahi.com/articles/ASL824D1FL82PLPB00G.html
【高知商の強力打線、徹底した肉体改造で「使える筋肉」を増強】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 20:52:50.36 ID:CAP_USER9
俳優・タレントの金子賢が15日に更新したブログで、「二ヶ月半」トレーニングに励み、体重を10.7キロも落としたことを報告。驚異的な肉体改造ぶりを見せつけた。

金子は5月20日からブログで、「夏に向けて食事調整とトレーニング」を重ねることを公表。
そして今月15日に、「僕は二ヶ月半でこんな感じに変わりました^ ^」と以前の自身と現在の姿を並べた画像をアップ。
ポヨンとしていたおなかは、トレーニング期間を経てバッキバキというオノマトペが似合うほど腹筋が割れており、
その肉体に変えるまでの彼のストイックさもうかがえる1枚となっている。

昨年も金子は、夏に行われたイベント「Summer Style Award 2016」に向けて、
1月から約3か月間食事調整とトレーニングを行い11キロもの体重を落としたことで話題になったが、それに全く劣らないレベルで今年も体づくりに挑んだよう。
彼の変貌ぶりにはファンからも「もう、最初の頃の写真が同じ人に見えません」「お疲れ様でした。すごく変わりましたね」
「ビフォア、アフターの差がすごすぎです!」と驚きのコメントが寄せられている。(濱島裕)

http://news.livedoor.com/article/detail/13477009/
2017年8月15日 20時3分 シネマトゥデイ
mig













【10キロ減・金子賢、驚異の肉体改造】の続きを読む

1:2017/07/28(金) 16:57:12.39 ID:

http://www.cyzowoman.com/2017/07/post_147196_1.html

お笑い芸人でコンビとして活動しているダウンタウンの松本人志(53)が、自身のTwitterに
「暑中お見舞い申し上げ~」と告げ、夏を満喫している様子を投稿した。澄み切った空、満開のひまわり。
いかにも夏! といった綺麗な写真だが、ファンの視点は違った。

 「松本さん、そのうち筋肉爆発しますよ?」「ワイルドスピードに出てましたか?」など、
松本にニヤッとしてほしいと思われるようなコメントが多く、写真を加工して笑いを取りにいくものも多い。
また、松本の筋肉に宛てたコメントも多数あり、「胸筋やばいっすね」
「今の姿、昔の松っちゃんが見たら笑って泣いて怒ると思うよ」「ゴツくなりすぎている」
「加減しなよ」など、鍛え上げた体へ苦言が寄せられている。

 しっかりと鍛えられた筋肉にピタピタのTシャツ、坊主頭を金や銀にカラーリングし、見た目は芸人離れしている。
そんな様子をファンは批判というより心配しているのかも知れない。




松本人志が尊敬する高須克弥の体
【筋トレしまくって肉だるまになったあとに「気持ち悪い」ってことに気がついたらどうするの?】の続きを読む

1:2017/07/02(日) 23:42:21.59 ID:


https://www.cinematoday.jp/news/N0092440
土屋太鳳主演の映画『兄に愛されすぎて困ってます』で主人公・橘せとか(土屋)の血のつながらない兄・はるかを演じている片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、
筋肉増量&8キロ減量の肉体改造に成功していたことが明らかになった。はるかが上半身裸で筋トレに励む場面写真も公開され、片寄のイケメンボディーが披露されている。
【「筋肉増量&8キロ減量し肉体改造に成功しました」という役者の身体wwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ