サプリメント




1: オセロット(宮崎県) [US] 2020/01/17(金) 10:11:24.58 ID:8JKrWPJ50 BE:512899213-PLT(26000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_karake.gif
 健康志向も高まりとともに、プロテインに人気が集まっています。中でも注目されているのは、お菓子感覚でおいしく、手軽にたんぱく質が摂取できる「プロテインバー」です。
今回はコンビニやスーパー、ドラッグストアなどでよく見かける、オススメのプロテインバーを紹介しましょう。

1.1本満足バー プロテイン(アサヒ)
 アサヒ食品グループが販売する「1本満足バープロテイン」は、15gのたんぱく質が補給できます。
そのうえ味もよく、コンビニなどでも販売されているため手軽に購入できます。チョコ味とヨーグルト味があり、どちらもお菓子と間違えるほどおいしく食べることができます。
筆者自身もよく活用している商品で、個人的にはプロテインバーの中で一番オススメです。

2.inバー プロテイン ベイクドチョコ(森永製菓)
 森永製菓の販売している「inバー プロテイン ベイクドチョコ」は、1本満足バーと同様、たんぱく質含有量は15g。
コンビニでも販売されているため、手に取りやすいでしょう。1本満足バーよりも少し値段が高いという点が気になりますが、森永製菓はプロテインでも有名なメーカーですので、商品への安心感は抜群といえます。
このシリーズは全部で6種類あり、ウエハースタイプはたんぱく質含有量が10gなので注意が必要です。

3.matsukiyoLAB プロテインバーチョコレート(マツモトキヨシ)
 大手ドラッグストアであるマツモトキヨシのプライベートブランドとして販売されている「matsukiyoLAB(マツキヨラボ)プロテインバーチョコレート」。
たんぱく質含有量は15g。
値段は今回ご紹介する中でもっとも安い商品です。ただ、マツモトキヨシまで買いに行かなくてはいけないというデメリットがあります。
お菓子感覚で食べられますが、やや甘味料の人工的な味が気になる人もいるかもしれません。気にならない人なら、まとめ買いしてもいいくらいオススメです。

【間食にもたんぱく質を。おすすめの市販プロテインバー5選】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2005/05/06(金) 16:36:14 ID:DDkhQeE9
人間の健康をむしばむプロテイン。
先日行われた学会では、プロテインの害の調査結果が発表されました。
以下にその内容を抜粋紹介します。

1)ラットによる実験では、ラットをプロテインドリンク内に入れると87%の確率で溺死する。
2)プロテインを飲んだ人が将来200年以内に死亡する確率は95%以上にのぼる
3)凶悪犯がプロテインを購入する確率は、同じ犯罪者がアフガニスタン国債を購入する確率より有意に高い(p<0.001)
4)プロテインドリンクを気管に入れると咳嗽反射が起こり、最悪の場合窒息により死に至る。
5)プロテインをつくりながら自動車を運転した場合、重大な人身事故が発生するおそれがある。
6)健康な成年男子にプロテイン1杯のみを与えて長期間監禁した実験では、被験者の99%が40日以内に死亡した。
7)電化製品をプロテインの中に入れると、破損するおそれがある。
8)25年間保存されたプロテインシェイクは有毒である。

【プロテインの害について】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2019/12/22(日) 04:46:41.77
このポテトプロテインという物質
・摂取カロリー以上の満腹感を与える
・筋肉がつくスピードが増す
・精神的リラックス効果を与える
・血糖値を下げるうえにインスリンの増加も抑える
・レジスタントスターチという奇跡の物質が含まれていてこれは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をバランス良く併せ持っている

S大学のN教授「正直驚きました。
私達研究者の多くはジャガイモの糖質の多さやGI値の高さから長年ジャガイモはダイエットに不向きと勘違いしていました。
しかしジャガイモを多く摂取している人に肥満の割合が低いという統計結果に着目し研究を重ねたところ
『ジャガイモは最強のダイエット食品』
であるという事が今回わかったのです」
(S大学の研究チームは独自に「満腹指数」という値を数十種類の食材で調べたところジャガイモが断トツの1位であるという事も判明した)

地下アイドル板の住人の中にもしも
「筋肉を付けて体脂肪を減らしたい」
と思っている人が居るのならジャガイモを強く勧める

【ジャガイモに「ポテトプロテイン」というすごい物質が含まれている事が判明した!! 】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ