アスリート・芸能




1:2018/02/05(月) 20:32:10.08 ID:
ソース2
ダウンタウンの松本人志が、4日放送の日本テレビ系バラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」
(毎週日曜よる11時25分~)にて、“松本式トレーニング”方法を紹介。
独創的な手法の数々が話題を呼んでいる。



http://mdpr.jp/news/detail/1744809
【松本人志さん、筋トレで下半身の追い込みから逃げている模様。上半身に比べて下半身が貧弱すぎる…】の続きを読む

1:2018/02/05(月) 16:57:26.31 ID:
ダウンタウンの松本人志が、4日放送の日本テレビ系バラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(毎週日曜よる11時25分~)にて、“松本式トレーニング”方法を紹介。
独創的な手法の数々が話題を呼んでいる。

近頃、鍛え抜かれた筋肉ボディが際立っている松本。
番組では「我流で行っている、苦労の末に導き出した」という筋トレ方法“松本式トレーニング”を相方の浜田雅功に伝授した。

松本人志の松本式トレーニング法その1:「あいうえお」カウント
筋トレをしていて追い込みをかけるとき、「あと何回」と回数を決める人がほとんどだが、松本は、この回数を数字ではなく「あいうえお」で数えるという。

その理由は、数字で数えると「1、2、3、4…」と制限がなくなってしまうが、「あいうえお」なら「あ、い、う…」までいけば、必ず「え、お」と最後までいかないと気持ちが悪くなるからだと説明。
「日本人はみんなそうなんです!本当に辛い最後の追い込みの5回は『あいうえお』」と熱弁した。

しかし、そのまま「か行」の領域に入ってしまった場合「かきくけこ」までいかないと気持ち悪くなってしまい、回数が増えるので注意としていた。

松本人志の松本式トレーニング法その2:もうひとりの自分を出す
さらに松本は、限界を迎えた時にもうひとりの自分(=松本の場合は“橋本”)を呼んでバトンタッチする方法もあると紹介。

松本はもうひとりの自分を「橋本」としているが、名前の一部を残したくらいが良いらしく、浜田には「迫田」や「ハマー」などを勧め、「大事なのは本当に変われるかどうか」と語っていた。

松本人志の松本式トレーニング法その3:うそよねん
そして最後に、あと2回で終わるというときや、限界を超えたあとに「うそよねん!」と自分を騙して回数を重ねるという方法を解説。

これに浜田は「橋本いらんやん!松本でいけるやん!」とツッコミ。
松本は「…やりにくい相方やなぁ」と息の合ったやり取りでスタジオの笑いを誘っていた。

松本人志、独創的すぎるトレーニング方法が話題

「筋トレは人生」と言い切った松本の独創的すぎるトレーニング方法に、ネット上では「まっちゃんのトレーニング面白すぎて笑った(笑)でもこれなら筋トレ続けられそう!」「本当に笑いすぎて腹痛いww松本先輩最高です」「実践すれば松本さんのようなムキムキボディになれる?!」「すごいタメになった!やってみよーう!」「はまちゃんもこれを機に筋トレ始めるかな?」などと話題を呼び、様々な反響が寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1744809

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」

松本人志
【「筋トレは人生」ムキムキボディ松本人志の“松本式トレーニング”が話題】の続きを読む

1:2018/01/28(日) 18:55:40.86 ID:
 
初マラソン松田瑞生がV 2位に前田穂南 大阪国際女子

大阪国際女子マラソンが28日、東京五輪の代表選考会、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権をかけ、大阪・ヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロで争われ、
昨年の世界選手権1万メートル代表で初マラソンの松田瑞生(みずき、22)=ダイハツ=が2時間22分44秒で初優勝を果たした。

 2位は昨年の北海道マラソンで優勝しMGCへの出場権をすでに獲得している前田穂南(ほなみ、21)=天満屋=で2時間23分48秒、3位には日本歴代4位の記録を持つ安藤友香(ゆか、23)=スズキ浜松AC=で2時間27分37秒だった。
今大会で松田と安藤がMGCへの出場権を獲得した。

 MGCへの出場権の条件は、日本人での順位が1位から3位なら2時間28分以内、4位から6位では2時間27分以内。
(スタート時の天気は曇り、気温5・0度、湿度49%、北西の風1・2メートル)

https://www.asahi.com/articles/ASL1X3R7ML1XUTQP019.html?iref=comtop_8_08
【腹筋…21万9520回 松田瑞生 初マラソンで優勝】の続きを読む

このページのトップヘ

  • ページトップへ
  • このブログをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • ページボトムへ